サステナビリティ

社会との関わり
-Social-

誰もが健康に働くことができる職場環境を目指して

当社グループは、「お客さまにありがとうと言って頂ける、社会に必要とされるサービス」を経営理念に掲げています。その実現のため、健全な企業運営と、すべての社員とその家族が健康であり続けることが重要と考えています。定期健康診断の実施・フレキシブル休暇の導入・社内部活動支援金制度年に1回の全社集会の実施などを通し、ワークライフバランスのとれた職場環境づくりを目指します。社員・会社・健康保険組合・産業医が一丸となり、経営理念を体現していくために健康経営を積極的に推進します。

健康経営優良法人2022 定期健康診断
パソコンやタブレットの寄付 児童養護施設から寄せられた声
全国の児童養護施設の子どもたちへ、より質の高い学習環境を

GIGAスクール構想の推進など、ICT教育が加速する一方、配布された端末は学校保管が原則となっており、児童養護施設では十分なデジタル学習環境が整っておらず、日ごろからデジタルに馴染む機会を十分に提供できていない現状があります。そこで、公益社団法人JEO・子どもに均等な機会を、株式会社イー・ラーニング研究所と連携し、2020年より全国の児童養護施設へオンライン学習教材をインストールしたパソコンやタブレットの寄付を行っています。すべての子どもたちが質の高い教育を受けるための一助となることを願い、今後も活動を継続します。

2020年12月 第一回 パソコン・タブレットの寄付と、現地での操作レクチャーの実施
2021年08月 第二回 ノートパソコンの寄付と、オンラインでの操作説明会の実施
2021年12月 第三回 パソコン・タブレットの寄付と、オンラインおよび現地での操作レクチャーの実施
2022年03月 第四回 パソコン・タブレットの寄付と操作レクチャー、および児童養護施設への実態調査実施
2022年09月 第五回 累計10施設目!九州エリアの児童養護施設へパソコンを寄贈
次世代の人材育成に貢献

競技人口の増加するe-スポーツの未来の人材育成を支援しています。オリンピック競技として認定され、さまざまな関連施設がオープンするなど普及している一方で、学校のクラブ活動では学生たちの練習環境や練習試合の機会は十分では無く、未来の人材育成に課題があります。そこで、高校のe-スポーツ部の活動を支援すべくプラクティスマッチへのスポンサードや、新たにeスポーツコースを立ち上げる学校の支援などに注力しています。

プラクティスマッチへのスポンサード eスポーツコースの立ち上げ支援
生前デジタル整理ガイド2022 デジタル活用ガイド
正しい知識を身に着け、デジタルライフを楽しく

デジタル格差の大きいシニア世代や、テレワークの普及で浮彫になったセキュリティーの脆弱性の問題、猛暑など異常気象によるデジタルトラブル等に対処すべく活動しています。流行するサイバー被害に対応しセキュリティー対策ガイドや、社会課題となるデジタル遺品トラブル防止のため、生前デジタルデータ整理ガイドなどのデジタル活用本をWebで無料公開。猛暑のデジタルトラブル防止策や、サポートが終了するOSやブラウザ等を使い続けるリスクなどの注意喚起を行っています。

また、増えるサイバー攻撃等に対応し、マルウェア「Emotet」の無料感染チェックなどの取り組みの他、DX化への課題を抱える中小企業などに向けた支援も積極的に行っています。政府が推進する誰一人取り残されないデジタル化の実現に向け、デジタルデバイドを解消すべく、積極的な情報提供とサポートを行います。

※当社は特定非営利法人 IT整備士協会に加盟し、IT業界の知識の底上げや、e-スポーツなどデジタル機器を扱う学生向けに整備士検定資格の取得講座を通して知識や技術を伝えるなど、利用者への正しい知識の普及に注力しています。

多様化するニーズに対応し、誰もが安心して利用できるサービスを

多様化するニーズに応えるため、お客様サポート部門の社員がLGBTQ(※)研修を受講し、配慮すべき言動について指針を設定。専門機関と連携し、LGBTQの方が安心してサービスを利用できる体系を構築するなど、誰もが安心してサービスを利用できるよう拡充を進めています。この取り組みが評価され、EESa!Award2021の認定企業部門賞を受賞しました。
https://eesapjt.wixsite.com/eesapjt/eesa-award

※なお、性的マイノリティの総称としてLGBTQという表現を使用しています。

EESa!Award2021の認定企業部門賞 EESa!
産休 育休
育休・産休の推進により、仕事と育児・介護を両立できる環境を

当社グループにおいては、あらゆる差別、ハラスメント、強制労働を禁じ、公平で多様かつフラットな職場環境の維持に努めています。

2022年改正の育児・介護休業法に基づき、社内規定を見直すなど産休・育休の積極的な取得を推進しています。また、男性の産休・育休取得実績などもあり、有期従業員や男女問わず仕事と育児・介護を両立できる環境の実現を進めています。また、上司、同僚からの呼びかけは「さん」づけを徹底し、ハラスメントなどを生まない企業風土を醸成します。

その他の活動
  • じゅうろくSDGs私募債『つながるこころ』の発行を通じ
    岐阜県図書館へ児童書の寄贈(2019年12月)
  • 男女共同参画の推進
    内閣府・男女共同参画局発行の女性役員比率業種別にて上位ランクイン(2020年7月)
  • 在宅勤務の導入など、働き方改革の推進
  • ハラスメント対策として、内部通報窓口の設置(2022年3月:日経ビジネスで取り組み掲載

などに取り組んでおります。

男女共同参画の推進 在宅勤務の導入

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を
支援しています。

ページトップへ戻る