【第二回】児童養護施設へのパソコン無償提供 全国の子どもたちへ今後取り組みを拡大

IT機器の設定・トラブル解決を⾏う⽇本PCサービス株式会社(本社:⼤阪府吹⽥市、代表取締役社⻑:家喜 信⾏、証券コード:6025、以下「当社」)は、公益社団法人 JEO・子どもに均等な機会を(代表理事:辻 正夫、本部:大阪府大阪市、以下「JEO」)の取り組みに賛同し、株式会社イー・ラーニング研究所(本社:⼤阪府吹⽥市、代表取締役社長:吉⽥ 智雄、以下「イー・ラーニング研究所」)と共に、児童養護施設の⼦どもたちへデジタル教材をインストールしたパソコンの無償提供を⾏いました。

当社が学習用のパソコンに、イー・ラーニング研究所が提供する動画とドリルの両方を使って学べるデジタル教材「スクールTV Plus」を搭載し、七窪思恩園と小鳩の家の2つの児童養護施設に提供を行いました。

児童養護施設の⼦どもたちへデジタル教材をインストールしたパソコンの無償提供 スクールTV Plus

2021年7月26日(月)、27日(火)には、オンラインでの説明会を実施し、子どもたちや施設従事者に向けて、今後円滑にオンライン学習ができるよう導入サポートや使い方をレクチャーしました。参加した子どもたちは、初めて触るパソコンに戸惑いを見せつつもすぐに興味津々の様子でパソコンを触り学習教材に挑戦している様子が伺えました。

また、施設からは「携帯やタブレット、パソコン等の利用について子どもたちが経験する年齢が遅い現状があり、『必要性』は感じていても実際導入するには様々な課題があり思うように導入が進まないという課題を抱えていたため、今回の取り組みがきっかけになった。」といった声をいただきました。

コロナ禍で子どもたちの学習環境にも変化が求められ、学校や家庭におけるオンライン学習が活発になってきています。当社ではこうした時代背景を受け、昨年12月にJEOとイー・ラーニング研究所と共に、近畿2府4県の児童養護施設を対象に公募を行い、デジタル教材の提供を行いました。(第一回の詳細はこちら)

この取り組みを通し多くの施設から反響があり、実際に施設で生活している子どもたちが自由にデジタル教材に触れることができる環境が不足している状況を受け、今年度より寄贈対象地域を拡大し支援を行うに至りました。今後も、全国の施設を対象に定期的・計画的に支援を広げる予定です。

今後も当社は学習環境の変化に対応し、すべての子どもたちが質の高い教育を受けられるよう学習環境づくりをサポートしてまいります。

質の高い教育をみんなに当社では「質の高い教育をみんなに」のSDGsの考えに基づき、IT機器の総合サポートを通して、GIGAスクール構想の推進支援サービス・オンライン教育環境の構築支援などに取り組んでまいります。

このページを共有する

URLをコピーする
ページトップへ戻る