東京メトロの新施設をサポート 日本初「eスポーツジム」のゲーミングPC保守管理を開始

IT機器の設定・トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)が2021年6月28日(月)にオープンする日本初(※)のeスポーツ専用ジムにて、ゲーミングPCなどのハードウェア保守管理を開始します。
※プロプレイヤーの指導を受けられる月額会員制のeスポーツ専門施設として(東京メトロ調べ)

eスポーツジム外観:赤羽岩淵駅3番出口すぐ/パソコンサポート:イメージ

背景

東京メトロは世代や性別に関わらず多くの方が楽しめるeスポーツを通じ、「東京の魅力・活力の共創」を実現すべくeスポーツ分野での事業創出に向け準備を進めてきました。東京メトロ沿線からeスポーツカルチャーを発信すべく、日本初のプロプレイヤーの指導を受けられる月額会員制の専門施設「eスポーツジム」を南北線赤羽岩淵駅3番出入口横に開業します。(公式HP:https://esportsgym.tokyo/register-lp
当社は個人・法人問わずIT機器の設定・トラブル解決など総合的なサポートを、最短即日駆けつけで対応し年間16万件の実績があります。eスポーツの裾野が広がる中、多くの方が競技を楽しむためには初⼼者など個人に対するサポートと、eスポーツ施設の事業者向けにゲーミングPCサポートが必要になります。そこで、企業eスポーツリーグへの出場やスポンサードを行い、eスポーツ競技の理解を深めてきました。今回、IT機器の保守・トラブル解決における当社の実績から「eスポーツジム」のゲーミングPCをはじめとするハードウェア保守サポートが採用されました。利用者のeスポーツ体験を支え、いつでも誰でも競技を真剣に楽しめる環境を提供し顧客満足度の向上につなげます。

当社の役割

eスポーツジムで利用されるゲーミングのPC保守管理とトラブル時の一次対応を行います。利用者がいつでも快適に競技を楽しめる環境を提供します。

当社がこれまでに展開してきた駆けつけサポートに加えて、eスポーツ事業を運営する施設・イベントへのサポート提供により、施設と自宅の両面からeスポーツを楽しむためのパソコン・ネットワーク環境のづくりを支援します。eスポーツ競技人口が広がる市場の中で、より多くの方が気軽に競技を楽しめるようサポートを行うことで市場の発展の一助となることに期待しています。

日本PCサービスは施設のハードウェア保守を対応

※個人所有の機器の修理・ネットワークトラブル解決は、当社運営の「ドクター・ホームネット」で対応可能。

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要になります。Get ADOBE READER

このページを共有する

URLをコピーする
ページトップへ戻る