N高・S高生徒のVR機器の相談役に!「角川ドワンゴ学園サポートセンター」を開始

IT機器の設定・トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は、学校法人角川ドワンゴ学園(法人所在地:沖縄県うるま市、理事長:山中 伸一、以下「角川ドワンゴ学園」)と業務提携し、角川ドワンゴ学園が運営する“ネットの高校”で新設される「普通科プレミアム」の全生徒対象にVR学習をサポートする「角川ドワンゴ学園初期設定・延長保証サポートセンター」を2021年4月1日(木)より開始します。

背景

普通科プレミアム

角川ドワンゴ学園が運営する“ネットの高校”はインターネットと通信制高校の制度を活用した新しい高校です。2021年4月よりN高等学校・S高等学校では、最新のVR技術を活用した「普通科プレミアム」が新たに始まります。生徒にはVR機器が授業教材の視聴を目的として無償で提供され、バーチャル空間で実際には難しい実験や、世界の歴史遺産を360度体感できるなど、視覚・聴覚・体を使ってより深い学びを得ることができます。さらにVR空間で生徒同士の交流を図ることができ、コミュニケーションスキルの向上など、最新の学びの場が提供されます。

VR機器のサポートVR機器は普通科プレミアムを選択した全生徒に無償で提供されます。VR学習を始めるにあたり初期設定作業が必要で、機器到着後にはアプリなどで確認しながら生徒自身で設定を行う必要があります。しかし「VR機器を全く使用したことがなく不安を感じる」「入学時にサポートして欲しい」といった声が事前に数多く寄せられ、専門的な知識がなくても安心して学べるサポート体制が求められていました。そこで、パソコンをはじめ家庭用ロボット・IoT家電など幅広いIT機器のトラブル解決を年間16万件対応し、個人向け電話サポートの解決率が93%を超える(※1)当社のサポート体制を評価いただき、当社でVR機器のサポートを行います。専用窓口で生徒の相談役として疑問や不安にわかりやすくこたえ、生徒に寄り添ったサポートを提供し、より集中して学べる環境づくりを行います。
※1:2020年8月期当社調べ

当社の役割

初めてVR機器を利用する生徒も、安心して学習を開始できるよう入学前の導入サポートから、万が一機器が故障した際の延長保証窓口まで、生徒の相談役としてVR学習をバックアップする体制を整えています。初期設定や使い方・授業用アプリとの連携の方法がわからないなどの疑問に対応。また、機器故障時は状況を確認し学習が中断されないよう迅速に機器の交換手配等に対応します。生徒は専用窓口に電話をするだけで必要なサポートが受けられます。

全体イメージ

角川ドワンゴ学園初期設定・延長保証サポートセンター

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要になります。Get ADOBE READER

このページを共有する

URLをコピーする
ページトップへ戻る