最短3日で在宅勤務を可能に!!業務用ルーターへの切替支援

新型コロナウイルス対策 テレワーク導入支援【第二弾】

業務用ルーターへの切替で最短3日で在宅勤務を可能に!!【従業員数20名以下の中小企業対象 : 初回100社まで】
オフィスのデスクトップパソコンを家に送って、そのまま使える!

IT機器の設定・トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、2020年4月7日時点で対象エリアとなった地域の中小企業向けに在宅勤務支援をすべく、 2020年4月13日(月)よりVPN(※1)利用設定のサポートを開始いたします。

背景

在宅勤務新型コロナウイルスの世界的流行に伴い、政府発表の基本方針の中で在宅勤務(テレワーク)が推奨されています。しかし、中小企業では「必要な機器が準備できず在宅勤務への切り替えができない」「社員全員の在宅用パソコンが用意できない」「レンタルや購入する費用がない」などの課題ゆえに在宅勤務を開始することができず、また、セキュリティ対策など十分な環境が整わないまま、在宅勤務を開始しているなどの課題を抱えていると考えられます。
そこで当社は、在宅勤務用の新規パソコンの購入やレンタルを行わなくても社外から社内サーバーに安全にアクセスし在宅業務ができるよう、業務用ルーターへの切り替えを推奨しています。業務用ルーターに切り替えることでVPN接続が可能になるため、現在社内で使っているパソコンを自宅に設置すれば、自宅で社内と同じようなネットワーク環境を構築することが可能になります。

VPN利用設定サポート

今回、2020年4月7日時点で緊急事態宣言が発令された地域に事業所がある、従業員数20名以下の中小企業100社(※2)限定で、業務用ルーターの入れ替えを10万円(税抜/1拠点)で対応いたします。作業には、業務用ルーターの手配・設定設置(※2,※3,※4) ・電話リモートサポート(※5)が含まれています。また、オプションで、ソフォス社から出ているUTM(※6)を導入することで、許可されていないユーザーのアクセスをブロックすることができるため、さらに安全に社内サーバー・NASへアクセスすることが可能です。

在宅勤務終了後のメリット

業務用ルーターであれば、ネットワーク速度の改善や安定した通信が可能となります。また、外出先からでも社内サーバーにアクセスすることができるため、在宅勤務期間終了後も営業担当者などが外出先から提案資料などの社内データを安全な環境で閲覧・更新することが可能になります。

VPN利用設定サポートについてのお問い合わせ先

24時間受付フォーム https://www.j-pcs.jp/contact/telework/
※お問い合わせ内容に「VPN利用設定サポート希望」とご記入ください。
担当部署 ビジネスソリューション事業本部 
申込期間 2020年4月13日(月)〜2020年5月6日(水) <状況により延長の可能性あり>
設置地域 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡
対象 従業員数20名以下の中小企業(※2)
対応数 初回100台限定(1社に1台提供/複数拠点がある場合は1拠点に1台提供)

基本プラン

VPN利用設定サポート(※7) 100,000円
(税抜/1拠点)
  • 業務用ルーターの手配・設定設置(※2,※3,※4)
  • 電話・リモートサポート(※5)

オプション

UTM設定 A(※7) 300,000円
(税抜/1拠点)
XG125 FullGuard 2年
UTM設定 B(※7) 350,000円
(税抜/1拠点)
XG125 FullGuard 3年

※1: VPNとはVirtual Private Networkの略。離れた場所同士を仮想の専用線でつなぎ、安全なデータ通信を行うことができる仕組みです。
VPN機能を持つ接続ルーターを用いて、距離の離れた場所同士のLANをつなぐことができます。
※2: 2020年4月7日時点で緊急事態宣言が発令された地域内に、業務用ルーター設置場所がある企業に限ります。
対象は業務用ルーターへの同時接続数(VPN のアカウント発行数)が20名以下の中小企業です。
2020年4月13日時点での受付上限であり、今後受付可能数が増加する場合があります。
※3: VPNアカウントの設定・各端末への設定はお客さまにてお願いいたします。サポートをご希望の場合は別途有料で承ります。
※4: 機器設置については訪問で対応いたします。当社従業員は毎日検温・体調確認と、手洗い・うがいを徹底し安全対策を行っております。
※5: 電話・リモートサポートでは、各端末の初回のVPN接続設定をサポートいたします。最大20回まで・VPNアカウント発行数が上限です。
※6: UTM(統合脅威管理)は、コンピュータウイルスやハッキングなどの脅威からネットワークを効率的かつ包括的に保護する管理手法です。
※7: 商品代と設定を含んだプランです。
導入後のトラブル解決や20名以上で利用される場合は別途お見積りいたします。ご相談ください。

<法人専門部隊> ビジネスサポート事業部部長 西岡より

《当社に寄せられた相談の内容》
ビジネスサポート事業部では中小企業を中心に法人のIT機器の導入や保守、トラブルサポートを行っています。
今回の感染症拡大に伴い在宅勤務に関するお悩みを抱える企業のご担当者よりご相談をいただきました。
ご相談内容は、
「在宅勤務へ切替をしたいが、切替にあたって必要な事項がわからない。」
「従業員の家にパソコンがなく、会社内にあるサーバーを見に行く手段がなくて困っている。」
「従業員1人ひとりにPCを提供すると、コストが莫大にかかってしまい、在宅勤務終了後に端末の利用価値がなくなる」
といったお悩みを抱えているご担当者もいらっしゃいます。そこで、今回新たに社内に1台の業務用ルーターを購入することにより在宅勤務環境を整える支援サービスを構築し、各企業の課題に合わせた提案を行います。

ソフォス株式会社 代表取締役 中西 智行さま より

《ソフォス社のセキュリティ対策と今回の取り組みについて》
ソフォス株式会社は、日本PCサービス株式会社様による「VPN利用設定サポート」の開始を心より歓迎いたします。サイバー犯罪者はこの世界的な感染拡大の状況を悪用してすでに様々な詐欺やサイバー犯罪を仕掛けてきており、高度かつ効果のある保護や対策が今まで以上に重要となっています。また多くの企業がテレワークに移行する中、在宅勤務時のIT環境のセキュリティを確保することが急務となっております。ソフォスではテレワークを安全に実施する様々なセキュリティ対策をご提供しており、今回の「VPN利用設定サポート」に採用されたSophos XG Firewallは、ネットワーク上のデータを保護しながら在宅勤務をされる従業員のかたの安全なネットワークへのアクセスを実現します。日本PCサービス株式会社様とソフォスは、今後も密接に協力し、お客さまの安心・安全なIT環境の実現に努めてまいります。

ソフォス株式会社

商号 ソフォス株式会社
代表者名 代表取締役社長 中西 智行
設立 2000年
事業内容 コンピュータセキュリティのソフトウェアおよびハードウェアの開発・提供
所在地 東京都港区六本木
URL https://www.sophos.com/ja-jp.aspx

ソフォス株式会社について

ソフォスは、次世代サイバーセキュリティの世界的リーダーとして、150か国以上のあらゆる規模の400,000社以上の企業を今日の最も高度なサイバー脅威から保護しています。 Sophos Labsのグローバルな脅威インテリジェンスおよびデータサイエンスチームにより、ソフォスのクラウドネイティブでAIによって機能拡張されたソリューションは、ランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、データ流出、自動化されたアクティブな攻撃、フィッシングなど進化するサイバー犯罪技術からエンドポイント(ラップトップ、サーバー、モバイルデバイス)とネットワークを保護します。

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要になります。Get ADOBE READER

このページを共有する

URLをコピーする
ページトップへ戻る