スマホを使ってお家でオフィスの電話を受発信!在宅勤務支援サービスにクラウドPBX「モバビジ」導入を追加

IT機器の設定・トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は、クラウドテレコム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤 尚也、以下「クラウドテレコム」)と業務提携し、在宅勤務中の営業活動を支援すべく、会社の電話を自宅にいる従業員のスマートフォンで受発信可能なクラウドPBX「モバビジ」の導入支援サポートを2020年5月20日(水)より開始します。尚、今回の取り組みは当社がモバビジの導入に関する受付・設置設定を行い、グループ会社の日本PCマーケティング株式会社が契約関連の対応を行います。

背景

当社は独⽴系の企業として、パソコンやスマートフォンなどIT機器のトラブル解決や設定を年中無休・全国で行っています。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言後、政府は在宅勤務の徹底を図り出勤者を最低7割減らすよう事業者に要請してきました。当社では、2020年3月より在宅勤務導入に関する支援サービスを開始しました。そして、4月の緊急事態宣言発令前後から、在宅勤務導入に関する相談が急増しました(※1)。
緊急事態宣言解除に向けた動きが現在加速していますが、厚生労働省では「働き方の新しいスタイル(※2) 」としてテレワークを推奨しています。在宅勤務を継続する企業や、緊急時に備えて在宅勤務環境の構築・改善を検討する企業向けに、今後も在宅勤務支援を推進してまいります。今回は新たに在宅勤務中でも営業活動を問題なく行える、クラウドPBX「モバビジ」の導入支援サポートを開始します。
※2:厚生労働省「新しい生活様式」:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

直近3か月の在宅勤務に関する相談件数

※2020年2月1日(土)~4月30日(木)までに当社のコールセンターに寄せられた相談のうち、受付時に「在宅勤務」、「テレワーク」、「在宅ワーク」などの申告があった件数です。
在宅勤務に伴う相談であっても、受付時にお客さまから申告がなかったものは含みません。

クラウドPBX「モバビジ」について(※3)

モバビジを活用すると、社内にいなくても会社にかかってきた電話を受発信することが可能です。
回線に付随する転送機能を活用し、会社から各個人の指定の携帯に設定すればお客さまからの電話を受けることは可能です。
しかし、①発信時は携帯番号通知されてしまう、②複数の端末に着信ができない、③スタッフへの取次ができない、④転送時の通話料が発生するなどの課題が残ります。
モバビジでは、会社の電話番号で発信することができ、会社と同じように電話対応が可能です。さらに複数の端末で同時鳴動し、通話料無料で内線転送ができるため、社内の電話端末と同じような円滑な対応ができます。
また、場所を問わずに受発信が可能なため、外出先からでも顧客対応が可能になるなど営業活動の機会損失を防止、働き方改革の一環や災害時の体制構築などにも活用ができます。申し込みから最短3日で開通し、設定設置は当社が代行いたします。

モバビジ導入イメージ

【最短3日で開通】モバビジ導入・設定サポート

<日本PCサービス在宅支援サービス>モバビジ導入設定サポート お問い合わせ

24時間受付フォーム https://www.j-pcs.jp/contact/telework/
「モバビジ導入希望」とご記入ください。
担当部門:ビジネスソリューション事業本部

受付~利用開始まで

  1. HP受付フォームより申し込み
  2. 申し込み当日または翌営業日中 詳細案内(※4)
  3. ご契約
  4. モバビジ機器送付
  5. ご契約後、最短3日!開通・設置設定(※5)
  6. 利用開始

※4:当社グループの日本PCマーケティング担当者より受付当日または翌営業日中(土日祝、他大型連休除く)に連絡いたします。
※5:当社担当者が開通後に機器の設置設定を訪問にて行います。当社従業員は毎日検温・体調確認と、手洗い・うがいを徹底し安全対策を行っております。
訪問は最短開通当日が可能ですが、混雑状況によりご希望に沿えない場合がございます。
※モバビジの費用など詳細は、担当者までお問合せください。初期費用と月額利用料が導入端末台数により異なります。

日本PCサービス株式会社
ビジネスソリューション事業本部 取締役兼本部長 濱崎 慎一より

直近の中小企業の相談内容やモバビジ導入企業の声

当社のビジネスソリューション事業本部では中小企業を中心とした法人のIT機器の導入・保守、トラブル解決を行っています。
今回の感染症拡大に伴う在宅勤務への切り替えに関する相談内容は企業ごとにさまざまです。そのため、2020年3月より各企業の課題に対応できるよう、在宅勤務支援サービスを展開してきました。第六弾となる今回は、会社の電話対応を在宅・外出先からでも受発信できるモバビジの導入・設定支援をクラウドテレコム様と共同で企画いたしました。これにより事務所と同じ環境でどこでも業務が可能となることから、昨今注目されている働き方改革という点においても、お役に立てると感じています。
各省庁からは在宅ワークの環境整備や生産性向上、職場意識改善と、中小企業のIT化促進を図る為に様々な助成金も準備されていますので、ご活用いただきながら、貴社の企業活動にお役立ていただければと思います。

日本PCサービス株式会社について

当社はパソコンをはじめとするIT機器の設定やトラブル解決を日本全国・年中無休で対応しています。対応件数は個人・法人を合わせて年間約16万件の実績があります。有料訪問サポート業者の中ではシェアNo.1です(※6)。パソコンやネットワークのトラブル解決、設定や操作相談などネットワークにつながる機器全般のサポートを最短即日で行っています。企業理念でもある「1人ひとりのお客さまに最適なスマートライフを!」の考えのもと、お客さまのご利用環境やご要望に応じた提案を行っています。2020年4月期の市場調査では顧客満足度No.1となりました(※7)。その中で中小企業におけるIT機器関連の課題を解決すべく、2017年10月、法人専門部隊を立ち上げました。この部隊では、中小企業を中心に保守サービス「ぱそBIZ」などを通じて、セキュリティ対策やパソコンの導入相談など企業のITに関する課題に迅速に対応できる体制を構築しております。これらのリソースを活用することで在宅勤務に伴う企業の負担をなくし、快適な業務環境を提供いたします。
※6:2019年4月結果(調査実査委託先:楽天インサイト)
※7:2020年4月期結果(日本マーケティングリサーチ機構調査/インターネットでのアンケート調査)

クラウドテレコム株式会社
事業本部長 松浦 進(まつうら すすむ)さまより

モバビジの特徴と在宅勤務化での活用方法

モバビジは以下の5点により「テレワーク・在宅ワークに強い」サービスです。

  1. ①最短3日で開通
  2. ②会社番号で発着信
  3. ③気軽にコミュニケーション
  4. ④固定電話と同様の通話品質
  5. ⑤ネットを経由しないためネット混雑の心配なし

このたびの日本PCサービス株式会社との取り組みにより、さらにモバビジが「テレワーク・在宅勤務」に強いサービスとなり、新型コロナウィルス感染拡大防止に対応する企業・団体等のテレワーク支援策のお手伝いをできますことが弊社の願いでもあります。

クラウドテレコム株式会社について

商号 クラウドテレコム株式会社
代表者名 代表取締役 遠藤 尚也
設立 2019年12月
資本金 1,000万円
事業内容 ネットワークからソフトウェアまで全てを提供できる品質確保型の新しいクラウドPBX「モバビジ」の開発・提供
所在地 東京都千代田区内幸町1丁目1-6 NTT日比谷ビルB2
URL https://www.mobabiji.jp/
https://www.cloudtelecom.co.jp/

世の中はアナログからデジタルへ、固定系から移動体へと大きな変化がありました。またインターネットの普及は目覚ましいものがあり私達の生活を一変させたと思っております。そうした中、ふと身の回りでインターネット的じゃない物を探した時に、会社の机の上にあるボタンがいっぱい付いた最もアナログ的な電話機に目が止まりました。33年間、同じ姿で使い続けられているビジネスフォンです。これをどうにか出来ないか?これが「モバビジ」の開発動機です。
開発に当たっては、ソフトウェア開発会社が行うようなアプローチではなく、通信事業者が行うアプローチをしようと心がけました。つまり、ソフトウェアだけではなくネットワークから最適化しようというアプローチです。「モバビジ」「スマビジ」はネットワークに『インターネットを使わず』に、NTT東西会社のひかり電話のネットワークであり、NTT東西会社提供するクローズドネットワーク(NGN網)を利用して品質を確保する、日本で唯一(2020年3月時点)のネットワークからソフトウェアまで全てを提供できる品質確保型のサービスを構築することができました。他社の類似サービスはそのホームページに「業界最高峰の品質」とか謳ってあります。しかし必ずエクスキューズで、小さく「ご利用のプロバイダーのインターネット品質によっては音声が劣化することがあります」と言い訳されているのを、皆さまもご覧いただけるかと思います。
私どもの「モバビジ」は、そのような言い訳は記載されておりません。通話品質においては業界最高峰と謳う代わりに「クラスA」の品質と表記させていただいています。「クラスA」とは総務省の規定する通話品質の基準であり、私どもは第三者評価機関としてNECネッツエスアイ社に評価委託し、客観的評価として、「クラスA=固定電話相当」という最高評価をいただいたものとなります。まだまだ至らない点も多いかと思いますが、皆さまからの叱咤激励をいただきながら、これからも技術開発を絶え間なく続け、皆様の利便性向上に貢献していくことをお約束申し上げます。

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要になります。Get ADOBE READER

このページを共有する

URLをコピーする
ページトップへ戻る