じゅうろくSDGs私募債 『つながるこころ』に賛同し、私募債1億円を発⾏

~手数料の一部を、地域の学校や地方公共団体・医療福祉施設等に寄贈~

家庭でのIoT機器トラブル解決を⾏う、⽇本PCサービス株式会社(本社:⼤阪府吹⽥市、代表取締役社⻑:家喜 信⾏、証券コード:6025、以下「当社」)は、じゅうろくSDGs私募債『つながるこころ』に賛同し、私募債1億円を発⾏します。これによって株式会社⼗六銀⾏(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役頭取:村瀬 幸雄、金融機関コード:0153、以下「十六銀行」 )を通じ、地域の学校や地方公共団体、医療・福祉施設、または公益的な活動を行う法人団体へ寄贈を行います。


【じゅうろくSDGs私募債『つながるこころ』について】
じゅうろくSDGs(※1)私募債『つながるこころ』は、地域の社会的課題解決に向けた取組みを金融面により支援し、発行企業とともに、持続可能な社会の実現につながる活動を行っていくことを目的とした商品です。私募債を発行する企業から受け取る手数料の一部(私募債発行額の0.2%相当額)を拠出し、地域の学校や地方公共団体、医療・福祉施設、または公益的な活動を行う法人団体へ寄贈を行うもので、寄贈先については発行企業が選ぶことが可能です。
https://www.juroku.co.jp/corp/loan/shibosai.html

 

 【背景】
当社は、日本全国・年中無休でIoT機器・ネットワークのトラブル解決等を行う独立系のサービス企業で、昨年度は約14万件(※2)のサポート実績があり、全国の家庭や企業に対し地域密着型のサービスを提供しています。このたび、社会貢献の一環として、じゅうろくSDGs私募債『つながるこころ』に賛同し、発行額の0.2%相当額を十六銀行を通じてSDGs関連団体に寄贈をすることとなりました。

※1…SDGsとは、「Sustainable(持続可能な)Development(開発)Goals(目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットで採択された世界共通の目標であり、持続可能な社会を実現するための17の目標・169のターゲットから構成されています。
※2…2017年9月〜2018年8月 当社調べ

ページトップへ戻る