2018年 IoTトラブル トップ5は「動かない」「つながらない」

  1. 起動しない
  2. ネットがつながらない
  3. パソコンの設定ができない
  4. ソフトウェアのトラブル
  5. 電源が入らない

急上昇トラブル「ウイルス感染」「メッセージが表示される」

家庭でのIT機器トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は、2018年に当社に寄せられた約16万件の相談内容*を分析しましたので発表します。
*駆けつけサポートにおける相談内容に限り、企業代行設定、電話・遠隔サポート相談は含んでいません。

背景

当社は独立系の企業として、メーカーやプロバイダーのIoT機器トラブル解決をしています。日本全国年中無休で、様々な相談が当社に寄せられます。特に、自宅やオフィスへ訪問してトラブルを解決する「駆けつけサポート」は、緊急性が高いトラブルが多くあります。

分析結果

2018年の相談件数は2017年の98%と、ほぼ横ばいでした。相談内容は、前年とトップ5は変わらず、「起動しない」「ネットがつながらない」「設定ができない」「ソフトウェア関連トラブル」「電源が入らない」と、基本的なものが上位を占めました。

トップ5 トラブル相談内容相談件数前年比
パソコンが起動しない 36,789件 103.6%
ネットがつながらない 14,758件 92.8%
パソコン設定ができない 12,697件 90.3%
ソフトウェア関連トラブル 12,332件 110.8%
電源が入らない 10,040件 96.1%
相談件数 総計(※)183,362件98.0%
急上昇 トラブル相談内容相談件数前年比
ウイルスに感染した 2,843件 131.0%
メッセージが表示される 4,630件 120.6%

※複数症状でお困りの場合は症状1、2、3までを記録し集計。

全体の相談件数は前年とほぼ同じである一方、ソフトウェア関連の相談が前年より11%増加しました。独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンターの「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届け出状況」でも、2018年にソフトウェア製品開発者より届け出数が増えています。
参考:https://www.jpcert.or.jp/press/2018/vulnREPORT_2018q4.pdf

また、「ウイルスに感染した」「メッセージが表示される」が、前年比131%と大きく増えました。大手企業のロゴが記載された画面に「ウイルス感染している」「あなたのパソコンは壊れた」「ブロックされている」などの警告文とフリーダイヤルが載っていたため電話をしたら、カタコトの外国人に遠隔操作をされ、金銭をだまし取られた等の相談が目立ちます。

金銭を支払う前に不審に思い、当社へご連絡いただいているお客様もいますが、10万円~20万円以上支払ってしまったケースもあります。このような相談は、2017年が約30件だったのに対し、2018年は約150件と大きく増加しており、今後も注意が必要です。さらに2018年9月から10月にかけては、「大手を名乗る知らない人から電話がかかってきて、遠隔操作をされた」「クレジットカードの番号を教えてしまった」という問い合わせもあり、新しい詐欺も発生しています。

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要になります。Get ADOBE READER
ページトップへ戻る