見守りカメラ訪問設定サポートを開始

家庭でのIT機器トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は、株式会社ラムロック(本社:福岡県飯塚市、代表取締役社長:赤間 俊和、以下「ラムロック」)が開発する見守りカメラ「みまもりCUBE」の訪問設定およびトラブル解決サービスを9月28日(金)より開始いたします。

みまもりCUBEについて

みまもりCUBE「みまもりCUBE」は、独居老人、老人の徘徊、留守など、すぐに行き来ができない場所を24時間見守ることができる貸与マーク取得の介護保険適用の見守りカメラで、2017年に製品化されました。これ以前には先行機である「認知症老人徘徊感知機器 ラムロックアイズ」が2013年に厚生労働大臣が定める福祉用具に認可され、その後継機としても介護業界注目の見守りカメラです。特徴としては、インターネット環境がなくても利用が可能で、高齢者の徘徊や、ベットからの離床を検知することができ、検知した映像は設定した端末で確認することができます。この有効性は岐阜県警にも認められ、行方不明者の早期発見、予防対策ツールとして正式採用されています。

業務提携の背景

2018年現在は認知症老人徘徊感知機器「ラムロックアイズ」・「みまもりCUBE」の導入実績は1,000件を超えており、また、「平成29年版高齢 社会白書(全体版)」によると、65歳以上の高齢者人口は3,459万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)は 27.3%(※1)と、今後も需要はますます高まると考えられます。しかし、「利用したいが設定ができるかわからない」という不安から、利用自体を見送ってしまう方もいらっしゃいます。このように、「取付や設定に自信が無い」というニーズに応えて、利用前の不安を取り除くべく、ITサポートを全国で行う当社とラムロックは業務提携を行い、導入後の訪問設定サービスを全国展開することとなりました。

日本PCサービスについて

当社は全国・年中無休でITトラブル解決を行うことができ、昨年度は約17万件(※2)の設定及び修理サポートを行ってきました。現在では、ロボットや見守りカメラ、スマートスピーカーなど、さまざまなIoT機器に対しサポート範囲を拡大しております。

※1…平成29年版高齢社会白書(全体版)
※2…2016年9月〜2017年8月実績

「みまもりCUBE」の訪問設定サービス

料金 15,000円(税抜)/1回
サービスの特徴
  • 365日24時間訪問可能(夜間〜早朝は別途料金が発生)
  • 全国訪問が可能
  • 現地での追加作業が可能
申し込み方法 「みまもりCUBE」申し込みフォームにて申し込みが可能です。

株式会社ラムロックについて

商号 株式会社ラムロック
所在地 福岡県飯塚市勢田1950-1
設立 平成20年9月18日
創業 平成11年1月
代表者 代表取締役 赤間 俊和
事業内容 画像認識ソフトウェア開発
URL https://ramrock-eyes.jp/
ページトップへ戻る