4月20日(金)より情報漏洩対策として「データ消去サービス」本格開始

家庭でのIT機器トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は、4月20日(金)より、中小企業向けのサービスを強化すべく、データ消去サービスを開始いたします。

データ消去サービス開始の背景

データ消去サービスハードディスクなどの記憶媒体は、初期化しても「データが見えなくなっている状態」であり、データは消えていません。データを消去または破壊せずにこれらの記憶媒体を処分してしまうと、データを抜き出される可能性があり、情報漏えいの危険性が非常に高まります。
しかし、データの量が多すぎて消去に時間がかかる、パソコンの分解ができない、どのように処分すればいいかわからないなどの理由から、パソコンの処分に悩んでいる中小企業さまがいらっしゃいます。当社は壊れたPCの処分・廃棄前にデータ削除していない企業さまや、社内でデータを削除しないとPCの持ち出しができないとお困りの企業さまに対し、データの消去から処分までワンストップでサポートを行います。

新しくソフトウェア消去方法の追加

以前から物理破壊によるデータ消去サービスは提供していましたが、この度、消去方法の1つに「ソフトウェア消去」を追加いたしました。

現地消去のメリット

  • 最短即日で対応可能のため、引き継ぎがスムーズ
  • データ消去後の再設定もワンストップで対応
  • 外部に機器を持ち出すことなく消去が可能
  • 現地でデータ消去証明書の発行が可能
    →実際に削除されたかどうかを報告書だけではなく、目の前で削除確認が可能

料金

フロッピーディスク、テープメディアなど、さまざまなメディアに対応可能です。

物理破壊1~5台 25,000円
6~25台 50,000円
26~50台 75,000円
51~100台 150,000円
101台~ 別途ご相談
専用ソフト消去1~5台 40,000円
6~25台 80,000円
26~50台 120,000円
51~100台 200,000円
101台~ 別途ご相談

※消去方式によって完了までにかかる時間が異なります。
※消去、破壊完了後の媒体は弊社で引き取ることが可能です。
※記載の料金はすべて税抜表記です。

消去可能方式

ゼロライト、ランダムライト、NIST800-88、ランダム&ゼロライト、NIST800-88Advanced、現NSA方式ランダム&ランダム&ゼロライト、米国国防総省準拠方式 DoD5200.28-M消去、米国空軍方式AFSSI5020消去、米国国防総省準拠方式、DoD5220.22-M 消去方式、米国海軍 NAVSO P-5239-26-MFM消去、米国海軍方式 NAVSO P-5239-26-RLL 消去、旧 NSA方式 BitToggle消去、ドイツ標準方式VSITR 消去、グートマン(Peter Gutmann)推奨、SecureErase 消去、拡張Secure Erase 消去方式

データ消去サービス

データ消去サービス申し込み

https://www.j-pcs.jp/contact/data-erasure/

ページトップへ戻る