リスク・コンプライアンス

コンプライアンス宣言

日本PCサービスは、「社会に誠実な会社である」ことを経営方針に掲げ、「50年、100年継続する会社を作る」ことを経営の信念としております。これを実践するために、全役職員等が、法令、社会規範、ルールを遵守するコンプライアンス経営を遂行することを社内外に宣言します。法令、社会規範、ルールを尊重し社会に誠実な経営活動を行うことが、企業として継続できる条件であり、社会からの信頼なくしては成り立たないことを、全役職員等が認識し、社会的良識と正義感をもって、当たり前のことを当たり前にやり、徹底して継続することで、社会的責任を果たすよう取組むことをここに宣言いたします。

2016年9月16日
日本PCサービス株式会社
代表取締役社長 家 喜 信 行

行動基準(企業倫理方針)

取締役会で決裁した「内部統制システム整備の基本方針」に基づいて、社内外に対しコンプライアンス宣言を行い、コンプライアンスを徹底するために行動規範を制定し、適法かつ公正な企業活動の推進に努めています。

反社会的勢力との関係遮断に関する基本方針

日本PCサービスは、反社会的勢力との関係を遮断し、被害を防止するため、内部統制システムの構築に対応して次の基本方針を宣言します。

(組織としての対応)
1. 全役職員等は、社会的責任を認識し、コンプライアンス経営を実践するため、反社会的勢力に対しては、組織全体として遮断するための体制を構築するとともに、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。

(外部専門機関との連携)
2. 平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します。

(取引を含めた一切の関係遮断)
3. 反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。

(有事における民事と刑事の法的対応)
4. 反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

(裏取引や資金提供の禁止)
5. 反社会的勢力に対して、裏取引や資金提供は絶対に行いません。

日本PCサービス行動規範

  1. 「最高の接客」「最高の電話応対」「最高のお客様対応」を提供します。
  2. 「当たり前」のことを「当たり前」にやり、徹底して継続します。
  3. 公正で透明な企業活動を行います。
  4. 企業情報を適時適切に提供します。
  5. 役職員等の人格・人権を尊重し、豊かな職場環境を実現します。
  6. 地域社会との調和・共存を図ります。
  7. 反社会的勢力とは断固として対決します。

リスク・コンプライアンス推進体制

リスク・コンプライアンス体制の最高責任者を代表取締役社長、運用責任者を常務取締役とし、委員に取締役、各部門部室長を任命しています。各部門の部室長から所管の役職員への啓発、教育などを実施する全社的な推進体制を整えています。

  • 当社は、リスク・コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンス及びリスクマネジメントについて審議・協議します。
  • リスク・コンプライアンス委員会の分科会として、投融資については、投融資審査会で協議を行います。情報セキュリティについては、情報セキュリティ委員会で審議・協議を行います。
  • 当社の取締役会は、リスク・コンプライアンス委員会と分科会の審議・協議事項の結果、重要なものについて、報告を受けて審議・協議を行います。
  • 当社は、有事の際には、直ちに緊急リスク対策本部を立ち上げ、迅速に対応する体制を整備するとともに必要に応じて顧問弁護士等と迅速な連携を図る体制を構築しています。
  • 当社は、全役職員にリスク・コンプライアンスの行動指針を記した社員手帳(通称:JPS手帳)を配布し、自らの行動がリスク・コンプライアンスの行動基準に沿っているかどうか、自己管理できるようにしています。
  • 当社は、企業倫理に違反する行為の早期発見、是正ならびに不正防止に対応できる体制をつくるため、社内の通報(相談)窓口「日本PCサービスホットライン」を設けています。
ページトップへ戻る