代表挨拶

日本PCサービス株式会社 代表取締役社長 家喜信行
日本PCサービス株式会社
代表取締役社長
家喜信行

ホームネットワークは「電気・ガス・水道」に続く、生活インフラとなりました。パソコンなどのIoT機器は今や生活に欠かせないものとなり、トラブルが発生すると人々の生活に大きな影響を与えます。

そのような中、日本PCサービスグループではパソコンサポートはもちろん、IoT機器サポートにも事業を拡大しています。デジタル家電やスマートフォン、ゲーム機、家庭用エネルギー管理システムであるHEMSに至るまで、自宅やオフィスで利用するあらゆるIoT機器に関するサポートサービスをワンストップで提供しています。
パソコンの緊急駆けつけサービスを主体に事業を展開した結果、おかげさまで個人向けパソコンの有料訪問サポート分野ではシェア1位の実績を残すことができました。(※1)

これからの日本では、AIスピーカーやネットワークカメラなどデジタル家電が普及し、スマートハウス化がさらに進むものと思われます。また、少子高齢化が進む中、企業では働き手の不足を補うべく、業務のIT化・ロボット化がさらに進み、一般企業はもちろん介護や医療の現場でもIoT機器が欠かせないものとなると考えています。

スマートハウス化・ロボット化が進めば、そこには必ず「人とIoT機器をつなぐサービス」が必要になります。
その役割を担い、IoT機器社会へ貢献することは、私たちにしかできない!と考えております。

日本PCサービスグループは、ホームネットワークの維持管理に貢献し、トラブル時には緊急対応をすることで、「家まるごとスマートサポート」の実現に貢献します。技術だけではなく生活インフラを支えるという使命感を持った人材の育成を進め、最高のサービスでIoT機器社会の様々なお困りごとを解決してまいります。
誰もが安心して快適にスマートライフを過ごせる社会の実現が、私たちの使命と考えスマートライフの発展とともに私たちのサービスも進化し続けます。

※1:2019年度1万人調査:個人向けパソコン、デジタル、ネットワーク機器等訪問サポートサービスシェア(楽天インサイト株式会社・2019年4月調べ)

ページトップへ戻る